ご挨拶

日本が憧れ」「日本人を尊敬している
幼少期を過ごしたメキシコでは、そのような嬉しい言葉をよく耳にしました。
しかし帰国してから耳にするようになったのは、「日本に未来はない」という真逆の言葉でした。

私は現在29歳。
この先何十年も日本で暮らす私だからこそ、将来に責任と当事者意識を持って政治を推し進めることができます。将来の日本を担う子どもや孫世代のためにも、日本を「終わらせる」わけにはいきません。

日本はまだまだ可能性に満ち溢れている
外から日本を見てきた身として、そう断言できます。
大阪の皆さまとともに、私が日本の明るい未来への扉をこじ開けます!

大辻 さや

プロフィール

大辻 さや

  • 自由民主党 衆議院大阪第11選挙区支部長(枚方市・交野市)
  • 平成7年(1995年)3月31日生まれ、29歳
    (2023年8月時点で、自民党の女性最年少選挙区支部長です)
  • 大阪生まれ、大阪・メキシコ・アメリカ・神奈川育ち
  • パナソニックで働く父と大阪出身の母のもとで育ちました
  • 渋谷教育学園渋谷中高、東京外国語大学英語科 卒
  • コンサルティング業界にて5年間勤務。日本の課題に向き合い、スタートアップ業界のグローバル化を推し進めてきました。
    • アビームコンサルティング株式会社 公共部門
    • デロイトトーマツベンチャーサポート株式会社
  • 家族:夫、息子(0歳)
  • 好きな言葉:「利他の心を忘れずに、前向きに」

~これまでの歩み~

パナソニックで働く父・大阪出身の母のもとに生まれる

1995年3月31日、大阪市内の大阪市立総合医療センターにて誕生。

ベタベタの関西弁が飛び交う家庭で生まれ、幼少期は大阪の香里園にあるパナソニックの社宅で過ごしました。
関目に住む祖父母には特に可愛がってもらいました。

父の仕事で3歳からメキシコ

幼少期7年間を過ごす

危険と隣合わせの国でしたが、太陽が照りつけ陽気な国民性のメキシコで暮らしたことは、前向きな性格の形成に繋がりました。

また、日本人であることの誇りが生まれたのは、大の親日国であるメキシコで「日本が憧れ」「日本人を尊敬している」との言葉を多くのメキシコ人にかけてもらったおかげです。

一方で、家を出ると車に歩み寄ってくるストリートチルドレンや、学校に行きたくても行けない家政婦さん等を目にし、社会格差や、公教育の重要性についても子どもながらに考えるようになりました。

小学4年生からはアメリカへ
(ミシガン州・ジョージア州)

アメリカの現地小学校に編入し、強烈な人種差別を経験することに。自身の考えを言えなければその場にいる意味がないという価値観のもとで、言語の壁にぶつかり何度も悔しい思いをしました。

その思いを晴らすためにもピアノや勉学に励み、ピアノは州のコンクールで優勝したことも。

この時の頑張りがあったからこそ、自身の強みである英語力や、成果を貪欲に追い求める姿勢困難な状況でも最後までやりきる責任感を獲得できたため、今では当時の経験に感謝しています。

中学2年生で帰国
「自調自考」の教えを学ぶ

日本に帰国し、帰国子女教育が盛んな渋谷教育学園渋谷中学校(通称:渋渋)に編入。「自調自考」の教育理念のもと、志ある友人たちと共に学びながら、大きく視野が広がる5年間を過ごしました。

国連の会議を模して国際課題について討論する模擬国連や、ハーバード生から学ぶサマースクール等を通じて今後の日本の在り方について考えさせられ、政治に関心を持つようになりました。

自分の強みを突き抜けたものにしたいと考え、東京外大へ

渋渋で「突出した個」の重要性を感じ、自身の強みである英語力を生かして外交や英語教育に取り組みたいと考え東京外国語大学英語科に進学。1年生から積極的にインターンや海外大学との交流事業に参加しました。

特にアメリカ大使館でのインターンや、理事長として高校生の模擬国連全日本大会の運営・ニューヨークの国連本部への派遣事業を行った経験を通じ、世界における日本のプレゼンスをもっと上げたいと強く感じるようになりました。

米国出張にて現地教育関係者との対談の様子。

公共領域に幅広く関与でき、若手も裁量が大きいコンサルティング業界へ

世界における日本のプレゼンスを上げるには、日本経済の底上げが必要だと考え、日本企業の活動を支える公共部門(政府系機関)に対するコンサルティングができる企業に就職。
入社前に期待していたとおり、1年目から主体的に業務を任せていただき、障がい者のインクルーシブ教育救急医療体制の構築国土強靭化のためのシェルターの整備等、幅広いテーマについて海外のカウンターパートとの意見交換を通じた政策立案に従事しました。

abnnnnnnnn

後藤茂之スタートアップ担当大臣(当時)と(株)DeNA会長の南波智子氏との鼎談の様子。

日本の次なる成長領域であるスタートアップ業界をサポートすべくデロイトへ

停滞する日本経済の底上げのためには、日本に成長産業を生み出す必要があると感じるようになり、その起爆剤となりうるスタートアップ業界について学ぶため、10年以上前からスタートアップ業界に特化した事業を行ってきたデロイトトーマツグループの専門部隊へ。
スタートアップの海外展開支援や、国/自治体との協業支援に従事。自ら7か国を訪問し、現地企業や政府関係者との意見交換を実施。2023年には国内外のスタートアップ関係者を東京に集結させた日本最大級のイベントの企画・開催に携わりました。私自身もモデレーターとして登壇した思い出深いイベントです。

転職と同時に自身のキャリアを再考し、本格的に政治家を志す

会社員として働くなかで政治への関心を再確認し、間接的に政策立案をするだけでなく自身が政治家として日本を変革していきたいと決意。

2022年に政府が「スタートアップ5か年計画」を発表したことで、スタートアップ業界の急成長を肌で感じたことも、政治の持つ力を感じてはじめの一歩を踏み出すきっかけとなりました。
幼少期に憧れた「世界に誇れる国日本」を、生まれ故郷である大阪から創っていきます。

~私の想い~

日本を強くて明るい国へ

私は20代だからこそ、未来に責任ある当事者として強い使命感を持って日本・大阪の未来を切り拓いていきます。

守るべきものは守りながら、時代に即した変革を起こすには、国民一人ひとりの可能性を最大限発揮できるような国づくりが必要です。

誰もが安心して挑戦できる
自国に誇りを持てる
そんな強くて明るい日本を実現します。

6つの重点テーマ

経済

「日本のど真ん中」から経済の再生を

安全保障

日本の未来を守る

教育

誰もが前向きに挑戦できる国へ

暮らし

健康に幸せに暮らせる豊かな社会を

日本らしさ

「日本らしい日本」を次世代に

政治・行政改革

新しい政治で日本の底上げを

経済:「日本のど真ん中」から経済の再生を

私は企業の生産性向上や、企業間の価値をかけ合わせ所得改善を行っていくことが、大阪をはじめ日本の経済を回復させるための鍵だと考えています。また枚方市・交野市は京都と大阪のちょうど間に位置し、古くから交易で栄えてきました。全国的に見ても、日本の東と西を結ぶ位置にあります。枚方市・交野市のまわりには隣接する京都を含め大学が多く、学生の皆さまが集まる地域でもあります。この特徴を生かし、優秀な人や優れた技術が枚方市・交野市に集まるような仕組みを作ることで、「日本のど真ん中」として注目される街をつくっていきます。

  • 成長分野への人的投資:スタートアップ向けのイノベーションハブの設置等
  • 企業間の協業促進
  • 地域経済・地場産業の発展推進
  • デジタルトランスフォーメーションの推進
  • 最先端技術の開発支援(情報通信分野、宇宙分野等)

安全保障:日本の未来を守る

国家の安全保障は、私たちが安心して暮らし、未来を築いていく上での最優先課題です。テロリズム、サイバー脅威、国際的な紛争等から日本の国民と領域を守るという国家の役目を果たせるよう、グローバルに働いてきた経験を活かして他国との連携強化に尽力します。将来の災害を見据え、国土強靭化も進めなければなりません。また、国民の暮らしに直結する食料やエネルギーの安定確保、経済安全保障体制の強化など、包括的な安全保障政策を通じて日本の未来を守っていきます。

  • 外交:国際社会のルール作りの主導
  • エネルギー:新たなエネルギー技術の開発・実用化支援
  • 経済:日本の技術・産業競争力の向上
  • 災害:国土強靭化・防災減災の推進
  • 食糧:食料自給率の向上

教育:誰もが前向きに挑戦できる国へ

幼い頃に豊かな経験を積み、広い世界に触れることで、こどもたちの可能性は無限に広がります。私はこどもたちに世界水準の教育を受ける機会を提供し、勉強のみならず様々な分野でこどもたちの好奇心を生み育てていくための仕組みを作っていきます。教育の質を向上させることで、この国の未来を担うこどもたちが夢を追いかけるための武器を身につけられるよう後押しします。また、大人もいつでも新たな挑戦に立ち向かえるよう、スキルの向上等の機会を提供し、誰もが前向きに挑戦できる国を創っていきます。

  • 公教育(幼児教育を含む)の充実・質向上
  • 長所を伸ばす教育の推進:飛び級制度等
  • リカレント教育の推進
  • 世界的に評価されている教育機関の誘致

暮らし:健康に幸せに暮らせる豊かな社会を

私は市民一人ひとりが充実した生活を送り、安心して未来に向けて進むことができる社会の構築を目指しています。特に現役世代が家族との時間や自らの休息時間をしっかりと確保できるよう、日本の働き方を抜本的に見直す必要があると考えています。また地域内における充実した医療体制の構築や文化・芸術・スポーツの振興を通じ、市民の健康と心の豊かさをサポートしていきます。

  • 働き方改革:リモートワーク等の推進
  • 子育て世代の負担軽減
  • 医療体制:医療機関と関係機関の連携強化
  • 文化・芸術・スポーツ振興:博物館・スタジアム等の整備を軸とした街づくり

日本らしさ:「日本らしい日本」を次世代に

憲法が制定された70年前から、日本や世界の状況は大きく変わっています。諸外国においても憲法改正は何度も行われており、憲法を時代に合わせてアップデートすることは日本にとっても必要ではないでしょうか。また憲法に関する検討を機に、いま一度、日本はどのような国を目指すべきなのか、国民全体での議論を進めるべきだと考えます。

  • 自主憲法の制定
  • 国家観に関する国民全体での議論の推進

政治改革:新しい政治で日本の底上げを

政治は国民のためのものだからこそ、信念を持った優秀な個人が政治に参画できるような政治改革が必要だと考えています。私のように地盤看板カバンが無くても政治に挑戦できる機会の整備や、議員が本業に全力を注げるような働き方改革、様々なプロセスの透明性担保などを進めていかなければなりません。個々の政策や議員個人の活動が国民の生活に与える効果を可視化・発信することで、国民にとって政治・政治家個人が分かりやすく親しみやすい存在となり、政治への信頼が生まれるのではないかと思います。私自身が新しい政治の象徴となれるよう、先陣を切って改革を推し進め、日本の底上げに尽力します。

  • 議員・首長の定年制導入
  • 党の人材育成・登用制度の見直し:公募制度の積極的導入等
  • 持続可能な働き方への転換
  • 政治資金の透明性向上